イメージ写真

平成20年夏のリーマンショック直後に会社をスタート致しましたが、おかげさまで平成28年8月に会社設立8周年を迎え、現在は建築リフォーム事業と不動産の管理・運営事業を中心として事業が成長してきております。建築リフォーム事業におきましては、おかげさまで大手企業様からのご依頼も増えてまいりましたが、現在マンションや一戸建のフルリフォームからオフィスなどの改修工事まで幅広く対応いたしております。また、設立以来の安定コア事業である不動産管理・運営事業は現在10物件となりまして、高い稼働率にて管理させていただいております。

お客様満足度と施工納まりへのこだわり

先般、長年大手ゼネコンにお勤めだったお客様のご自宅の改修工事のお引渡しをさせていただきました。築40年以上の難しい現場でしたが、お客様には真夏の頃から3か月間、毎週のように現場にお越しいただきました。お引渡しの際にいただいた「大変満足です」の一言、これが私どもの一番のやりがいになっております。

建築リフォーム事業におきましては、まずお客様があっと驚くようなアイデアでプランニングをさせていただいております。弊社には多くのアイデアと現場経験があり、実際に施工を行う私どもがお客様に提案を行うことに大きな意味があると考えています。これは私どもと同じような工務店に外注をする大手のリフォーム営業会社がお客様に提案するのとはコスト面で大きく異なってきます。

次に、弊社は施工の納まり(仕上がり)にこだわります。ここはこれまでのお客様からも評価をいただいているところですが、新築の建物とは違って既存の建物のリフォームでは既存の状態がどうなっているか見極める必要があり、実際には見えない部分であるリフォーム箇所の下地部分から丁寧に仕上げていく必要があると考えています。また、工事着手前にはお客様に実際に行う工事内容について丁寧に説明をさせていただくことを大切にし、難しい工事にも積極的に取り組んでおります。

施工事例につきましては、WORKSのページをご覧ください。

プラスアルファの考え方

工事の際に、リフォーム箇所すべてに予算をかけるのもいいと思うのですが、弊社は予算をかけるところとそうでないところがあってもいいと考えています。例えばキッチンはメーカー品のエコノミータイプにし、逆に洗面はメーカー品でなく家具工事で造るオリジナル洗面とするなど、通常のリフォームに多少「プラスアルファ」すればこうなりますという提案もよく行っています。また、日々ほとんどの時間を過ごすリビングの部分に予算を使って、そのかわりに居室部分は大きく変えないなどの選択肢もあります。弊社はお客様のご希望予算に合わせて、プランニングを検討します。

不動産管理・運営事業

不動産管理・運営を担当させていただいている不動産オーナー様の賃貸物件は、おかげさまで10物件となりました。中には不動産の管理会社様やオーナー様自らが賃貸管理をされ、弊社がリフォーム管理のみ請け負っている物件もあります。空室となった部分は弊社でリフォームを担当させていただいておりますが、改装期間中より入居募集を実施し、現在どの物件も高い稼働率にて推移しております。

賃貸物件の場合、お部屋全体に多額の投資をするのではなく、実際に入居するエンドユーザーが「借りる家賃に対して実際お得だと感じる」リフォームが大切で、そのポイントに予算をかければ成約につながっていくと考えています。また、実際リフォーム会社が一棟で任せていただいている点もあり、万一のトラブルにも迅速に対応ができるのも弊社の良いところだと考えます。

管理物件につきましては、PRORPATYのページをご覧ください。

管理・運営事業が弊社の安定コア事業であることで、スピード重視で多くの工事件数をこなすことが優先ではなく、お客様満足度を優先して日々事業に取り組めています。今後設立10周年に向けて、安定してゆるやかに成長していく企業でありたいと考えております。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社アルコデザインワークス 代表取締役 石田健太